再興 第108回院展

2024年は、元日に能登半島地震が起き、羽田空港で飛行機衝突事故がありと、大変なことが正月早々からおきました。
被災された方は大変な状況だろうと推察しますが、くじけず頑張っていただきたいと願います。

幸い広島は災害もなく、今年も年初を飾る『院展』が福屋で開催され、有難いことです。
しかし、今年の『院展』は、駅前福屋が工事していることもあり、本店だけでの開催で、会場が狭くとても鑑賞できるような状況ではなかったのが残念でした。来年は、どうなるのか少し心配です。

山浦さんがちょうど院展に合わせ7階ギャラリーで個展をされており、久しぶりに山浦さんの絵をゆっくり見ることが出来、これは良かったです。
今までは人物画が多かったですが、最近は風景を主にされているようで、今回は尾道の景色を切り取ったものが多かったです。
もっとも、入り口の最初にはかわいい百世ちゃんの絵があったのは、思わず笑みがこぼれます。
院展では、今回も奨励賞をもらっておられますが、これも風景。昔若い時にも風景を題材にされていましたが、やはりあの頃とは段違いで深みもありドシッとした迫力があり、さすがだなと。

中内さんも院友になられ、今回の院展は嬉しくなることがあった展覧会でした。

2023年12月30日 (土)

『ひだまりの絵本画家…柿本幸造展』ひろしま美術館

広島県出身の絵本画家・柿本幸造の展覧会がひろしま美術館で開催(2023年11月11日~2024年1月14日)。 自動車の日産のカレンダー制作が発端で絵本画家の道を歩まれたとか。何が幸いするか分からない...

» 続きを読む

『浜崎左髪子展』泉美術館

『広島を愛した反骨の画家…浜崎左髪子展』が泉美術館で開催された(2023年10月17日~12月3日)。 浜崎左髪子は好きな画家である。お菓子の梅坪さんが作品をかなり持っておられるし、広島県立美術館も何...

» 続きを読む

2023年11月24日 (金)

『染色家・杉谷冨代~生命を染める~』はつかいち美術ギャラリー

廿日市市の美術ギャラリーで第27回平和美術展として『染色家・杉谷富代』展を開催していた。(2023年9月29日~10月22日) 杉谷さんは入市被爆者である。そのためであろう流産・死産・早産を繰り返し、...

» 続きを読む

2023年10月19日 (木)

『アルフレッド・ジャー展』現代美術館

第11回ヒロシマ賞受賞記念『アルフレッド・ジャー展』が開かれていた(2023年10月15日終了)。 ギリギリになって、見に行った。 一言でいえば、良かった。インスタレーション作品が多いが、映像関係に造...

» 続きを読む

2023年10月18日 (水)

『おいしいボタニカルアート展』広島県立美術館

『おいしいボタニカルアート』展が広島県立美術館で開催された(2023年11月26日終了)。 頭に”おいしい”と表記されているように、単にボタニカルアートではなく、『食』と結び付けた展覧会でした。いわゆ...

» 続きを読む

2023年9月 3日 (日)

「広島の記憶」泉美術館

泉美術館で「広島の記憶」展が開催された(8月27日まで)。 泉美術館は以前にもこのような広島の被曝や復興期の写真展を開催しているが、今回は戦前の状況が分かる写真や絵なども展示されていて非常に内容の濃い...

» 続きを読む

2023年6月13日 (火)

『京都・陽明文庫―宮廷文化を彩る絵画』筆の里工房

熊野の筆の里工房で、京都・陽明文庫『宮廷文化を彩る絵画』展を開催(2023年6月11日まで)。  筆の里工房は、会場の関係上、こじんまりした展覧会しかできないが、ところが小さいが故のユニークな展覧会を...

» 続きを読む

2023年5月29日 (月)

『菱田春草と画壇の挑戦者たち』奥田元宋美術館

三次の奥田元宋美術館で水野美術館(長野市)からタイトルのように菱田春草を中心にサブタイトル―明治・日本画の前衛を駆ける―の作品をうまく解説付きで展覧されている。(2023年6月13日まで) 第一室で、...

» 続きを読む

2023年5月23日 (火)

「中丸雪生と交友の画家たち」泉美術館2023.05

今まで見たことのない展覧会だった。泉美術館の「中丸雪生と交友の画家たち」展である。 ある意味、学芸員さんの研究発表と言っても良い新しい切り口で今まで見落としてきた広島の美術界を掘り起こした展覧会と言っ...

» 続きを読む

『ピカソ 青の時代を越えて』ひろしま美術館202305

『ピカソ展』が久しぶりにひろしま美術館で開催された(2023年5月28日まで)。 この前はポーラ美術館との相互協力展覧会だったが、今回はポーラ美術館はもとよりバルセロナ・ピカソ美術館、カタルーニャ美術...

» 続きを読む

2023年4月29日 (土)

『平松礼二展』尾道市立美術館

『町立湯河原美術館コレクション・・・平松礼二展』が尾道市立美術館で開催(2023年5月7日まで)。 平松礼二氏は1941年生まれですから、私より少し上の方です。高校時代に横山操に憧れ、清龍社に出品、入...

» 続きを読む

2023年4月21日 (金)

『川瀬巴水展』広島県立美術館

旅と郷愁の風景『川瀬巴水展』が広島県立美術館d開催中(2023年4月11日~6月11日)。 岡田三郎助の下で洋画を学び、鏑木清方の下で『巴水』の号をもらうが、35歳の時伊藤深水の風景版画を見て新板画推...

» 続きを読む

2023年4月19日 (水)

「斎藤清展」奥田元宋美術館

「斎藤清展 Modern Realist」が奥田元宋美術館で2023年4月9日に終了した。最終日に見に行ったが、今まで何回奥田元宋美術館へ行ったか定かではないが、初めて小集団の外国人が美術館に来ていた...

» 続きを読む

2023年4月 6日 (木)

広島市現代美術館「Before/After」

3年間閉館しリニューアルしていた広島市現代美術館のリニューアルオープン記念特別展「Before/After」を見た(3月18日~6月18日)。まず、かつては館外で直ぐ見えるところにあったボテロさんの作...

» 続きを読む

2023年3月31日 (金)

笠間日動美術館「珠玉のコレクション」

笠間日動美術館「珠玉のコレクション・・・近代西洋美術の巨匠たち」展が東広島市立美術館で3月26日まで開催された。 日動画廊が持っている作品、眼の肥えた長谷川徳七・智恵子夫妻が蒐集したもの。一つ一つの作...

» 続きを読む

2023年3月21日 (火)

『日本伝統工芸展』県美

第69回日本伝統工芸展が2月15日~3月5日で、県美で開催。 今年は、いつもと違う展示の仕方だった。広島県の入選作家は、最後の一室にまとめて展示されていた。 福山市沼隈の染色『山城直子』さんが正会員に...

» 続きを読む

2023年2月25日 (土)

広島市大卒展2023

今年も広島市大の卒展は、ゲンビが改装工事中で大学構内だけでの開催だった。(2月10日~14日) 今年は、フロアで専攻をまとめて展示するのではなく、同じフロアに油絵があったり彫刻やデザインがあったりで、...

» 続きを読む

2023年2月16日 (木)

「南画精華展 特別編」頼山陽記念館

今年の頼山陽記念館は、お雛様の展覧会ではなく、「南画」の特別展を開催(2月26日まで)。 岡原大華先生の絵を主とし、日比野桂山先生の書で構成された展覧会。書画同源、詩書画三絶を理想とし、気韻生動や風雅...

» 続きを読む

2023年2月 8日 (水)

「再興 第107回院展」福屋

「院展」が1月19日~31日で、福屋本店と駅前店開催された。 日本画の本格的な全国規模の展覧会は、広島では院展だけなのでこの巡回展が無くなったら非常に淋しいと思う。 初入選の村上明花里さんと村松航太さ...

» 続きを読む

«『呉の美術』呉市立美術館で